HOME  >  学科・コース  >  生活アートコース
  • ファッションコース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. コースの紹介
    6. 笹田コンペティション
    7. 講師紹介
    8. 生徒の声
  • エステ・ネイルコース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. コースの紹介
    6. 笹田コンペティション
    7. 講師紹介
    8. 生徒の声
  • 生活アートコース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. コースの紹介
    6. 笹田コンペティション
    7. 講師紹介
    8. 生徒の声
  • スイーツアートコース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. コースの紹介
    6. 笹田コンペティション
    7. 講師紹介
    8. 生徒の声
  • アニメ・キャラクターアートコース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. 講師紹介
  • 建築コース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. コースの紹介
    6. 笹田コンペティション
    7. 講師紹介
    8. 生徒の声
  • インテリアコース
    1. 取得目標資格
    2. 就職分野
    3. 教育課程表
    4. 作品ギャラリー
    5. コースの紹介
    6. 笹田コンペティション
    7. 講師紹介
    8. 生徒の声
  • お問い合わせ・資料請求
  • 体験入学
  • 入学のご案内
  • 中学生夢デザイン・コンテスト
  • 中学生の保護者の方へ
  • 教育環境
  • 皆さんから寄せられた質問
  • Facebook

生活アート科生活アートコース

生活アート科生活アートコース

「描く事が好き」からデザインも広告も広がる。
目指すは!

世の中を動かす広告をつくりたい

生活アートコースのポイント
  • ポイント1 アナログからデジタルまでオールラウンドなデザイン力を養成
    まず、陶芸などの伝統工芸を製作する授業を取り入れ、アナログ分野において基本的なデザイン力を養います。さらに、コンピューターをツールとしたデジタル分野にそのデザイン力を応用し、オールラウンドに表現できる技術を養います。
  • ポイント2 ビジネス系ソフトの知識も身につけられる
    デザイン分野に関わるソフトの知識や技術だけでなく、一般企業の営業や管理部門など様々な分野で役立つビジネス系ソフトの知識も身につけることができます。
  • ポイント3 各種検定を
    多数取得可能

    パソコン利用技術者試験や全国商業高等学校情報処理検定、ワープロ実務検定、POP広告クリエイターなど、様々な検定を多数取得することができます。
取得目標資格
■高等学校普通科卒業資格
■大学・短大入学資格
■パソコン利用技術者試験
■全国商業高等学校情報処理検定
■全国商業高等学校
   ワープロ実務検定

■POP広告クリエーター
■ギフトラッピング
   コーディネーター
■レタリング技能検定
■秘書技能検定
■日本漢字能力検定
就職分野
■マルチメディア関連企業
■広告代理店
■サインメーカー
■ディスプレイ会社
■グラフィックデザイン事務所
■印刷会社
■映像制作会社
■教育課程表

普通科目

職業科目

POINT

DTP
(デスクトップパブリッシング)
Macの「イラストレーター」というソフトを使って、CGからチラシ、ポスターなど広告デザインまでを作成する授業です。
家庭情報処理
ワープロソフトや表計算ソフトなどを基本的操作から学び、各種検定の取得を目指した勉強も行う授業です。
ビジュアルデザイン
色についての基本知識から、クライアントを意識した本格的な商業デザインまで、実習を通して学んでいく授業です。
画像

ページトップ

続きはコチラ
生活アートコース 尾原 貴人
生活アートコース 尾原 貴人

この生活アートコースではパソコンという、現代では常識となったメディアを使って「表現する」ということの楽しさを教えます。「表現する」すなわち、デザインとは、つきつめれば商業デザインにつながっていくのですが、まずは表現する、つくる楽しさを実感してもらいたいですね。

デザインをする上で大切なのは常識にとらわれず、自由な発想をすること、そして普段からものをよく「観る」ということ、なので私が担当する授業では理論を学ぶより、数多くのことに挑戦し、経験してもらうことに比重を置いています。
その中でわからないことをそのままにしないということは当たり前のようで難しいことだと思います。そのために質問を遠慮なくできる自由な雰囲気を作るように考えています。
ですから、最初は「絵を描くのが好き」のように単純な理由で始めてもいいと思います。その気持ちを持ち続けて、もっと知りたい、いろんなことができるようになりたいと、貪欲に取り組んで欲しいですね。
生徒の声

生活アート科
生活アートコース 1年

生徒1

私は「今よりもっとパソコンの技術を身につけたい!」と思い入学を希望しました。

この学校では、専門的な技術をわかりやすく教えてくれるところが良いと思います。
まだ習ったことがないことはもちろん、中学で習ったことでも丁寧に教えてくれます。

また、他のクラスと合同で実習をやるので自分のクラス以外の友達も増え、わからないことを聞きあうこともできます。
私が今までで一番印象に残っているのは、初めて課題が出た時のこと。
あまり上手にいかなかったけれど、とにかく完成できたことがとても感激でした。

将来は、これまで勉強してきたことを活かしてパソコン関係の仕事につきたいです。

生活アート科
生活アートコース 1年

生徒2

僕は絵を描くのが好きでパソコンも得意なので、自分の特技を将来に活かしたいと思いこの学園を希望しました。

授業では自分の好きな分野を専門的に学べて、先生も優しくわかりやすく教えて下さるのでとても楽しいです。
特に、DTPの授業ではパソコンを使って絵を描いたり、素描やビジュアルデザインを学んだりしながら色々な物をデザインできるのでやりがいを感じます。
また、家庭情報処理の勉強を頑張った結果、ワープロ検定の4級に合格できたことも感激でした。

将来はゲームグラフィックかゲームプログラマーのどちらかになって、世界中の人々にゲームという「無限の夢」を見せてあげたいです。
ページトップ